最近のコメント

アーカイブ

カテゴリー

1家に1台防犯カメラを設置しましょう

自宅で防犯対策をしている方はいるでしょうか。近年では、空き巣対策などで、防犯グッズなどもさまざまなものが開発されています。そのうちの一つが防犯カメラです。防犯カメラのイメージとして、企業やショップなどに複数設置しているイメージもありますが、家庭用の防犯カメラなども開発されています。近年では、家庭用でもそれなりに高性能なカメラも開発されているため、不審者や空き巣などで自宅の敷地内に侵入してきた場合も、しっかりと映像として録画することも可能です。また、防犯カメラを外からしっかりと見える位置に設置しておくだけでも、防犯対策になります。この家は、防犯対策をしてあるとアピールをすることで、空き巣狙いを目的として、周辺の住宅をチェックしている不審者なども警戒し、近づいてこなくなることもあります。

防犯カメラは1台でもそれなりの効果を発揮する

自宅に防犯カメラを設置する場合には、敷地内のどこに設置しようと悩む場合もあります。死角をなくすために、あちこち仕掛けておきたいと考える方もいるでしょう。ですが、複数設置するにはそれなりにコストもかかってしまうため、断念する方もいるでしょう。防犯カメラは、侵入してきた時の不審者などの行動を録画し、映像として残す目的以外として、まず、侵入をさせないために、相手に警戒心を持たせるという役割もあります。防犯対策をしていない家の場合には、侵入しやすいイメージがつき、そのため空き巣狙いなどの被害にあうこともあります。ですが、防犯カメラを1台でも設置しておくことで、防犯に対しての意識が高い家だと、相手に思わせることができるでしょう。そうすることで、侵入をしようという気を起こさせなくすることも防犯対策になります。

1台でも目立つ位置に設置することが大切

防犯カメラを設置する場所は自分で決めなければなりません。相手に気づかれない位置に設置して、録画に気づかせないというのも、一つの手段ではあります。その後の警察の捜査の手助けにはなるでしょう。ですが、それでは、侵入され被害を受けることになります。これを防ぐためには、防犯カメラが設置してあることが相手にわかるように、目立つところに設置することも大切です。空き巣のために家の周囲から侵入しやすい経路を探っている人物が、カメラに気づけば相手が警戒しその場を立ち去る場合もあります。侵入を未然に防ぐ意味でも目立つ位置にカメラを設置することは重要なポイントといえるでしょう。また、防犯カメラがあるとわかるように、ステッカーなどを自宅の入り口や門などに貼り付けておくのもアピールすることにつながります。