家の入り口にしっかりとカギをかける。窓にもしっかりとカギをかける、これも防犯対策の一つといえます。ですが、一般住宅に対しての空き巣被害などはなくなりません。カギをついかけ忘れた隙をついて侵入されたり、カギをかけていても、破壊されそこから侵入されることもあります。自分が自宅にいない時などは、ちょっと不安に感じてしまう方もいるでしょう。そのような悩みがある場合には、防犯カメラを設置してみるといいでしょう。防犯カメラは、企業などの防犯として使われているイメージもありますが、近年では一般家庭向けの防犯カメラも複数開発されています。動く人や動物などがいる場合には、センサーが働き、自動で録画する機能などがついたカメラもあるため、自宅にいない場合でも、何者かが侵入した場合でも、しっかりと証拠が残せます。

我が家にも防犯カメラを設置しよう

外出が多く、自宅を留守にすることが多い場合には、仕事をしている時や外出時、ちょっと自宅のことが心配になることもあります。誰か知らない人が自宅に侵入して空き巣などを行っていないとも限りません。そんな場合には、防犯カメラを設置しておくことで、スマートフォンなどでインターネットを通じて、防犯カメラの映像をチェックすることができます。距離が離れていても、インターネット回線がつながっていれば、離れた場所から、自宅の状態をみることができるので、安心です。また、防犯カメラでうつっている映像の範囲で、物が動いたり、人が通過したりすると、センサーにより自動で録画する機能もある防犯カメラもあるので、自分が特にチェックしなくても、後から、不審者がきたり、動物が自宅の敷地内に侵入してきた場合でも、後から簡単にチェックすることができます。

夜の暗い状態でもしっかりと撮ることができる

一般家庭向けの監視カメラでも、それなりの画質で撮ることができ、また高性能なものも開発されています。昼間は、家族が一人以上は自宅にいることが多い家庭などでは、昼間よりも、夜間の防犯に力を入れてみてもいいでしょう。夜間の映像がきれいにとれるような防犯カメラを設置しておき、家族が寝静まった後、自宅の敷地内で何かが侵入したり、物音がした場合などの映像をとらえることができるでしょう。また、夜中の場合には、敷地内で物音がしたからといって、自宅の外に確認しにいくのもちょっと怖い気がします。そんな時は、防犯カメラの映像を、スマートフォンやタブレット端末からアプリを通じて、敷地内の様子をうかがうこともできるため、その後どのような対策をとるかを映像で確認してから考えることもできるでしょう。